25 8月
10 9月, 2023

出場国

ここではFIBAバスケットボールワールドカップ2023出場国を紹介。

日本
  •  共同開催国のうちの1つとして、日本は2006年以来2度目のワールドカップ母国開催を迎える。ワールドカップへの出場は6回目で、1963年/1967年以来となる、2大会連続の出場。2023年はワールドカップの開催国枠で出場権を獲得している。 最高成績は1967年大会の11位。世界ランキング38位(2022年11月18日更新時点)

  • 共同開催国のうちの1つであるフィリピンは3大会回連続、6度目のワールドカップ出場。自国開催は、8強入りを果たした1978年以来2度目となる。2023年はワールドカップの開催国枠での出場権獲得。フィリピンの最高成績は、1954年大会の3位。世界ランキング40位(2022年11月18日更新時点)

  • ブーマーズ(The Boomers)の愛称で親しまれるオーストラリア代表は5大会連続でのワールドカップ出場権を獲得。直近14大会では13回目の出場となり、出場権を逃したのは2002年大会のみ。
    ブーマーズは2022年11月のWindowでカザフスタンを下し、それまでのアジア予選を無敗で通過、ワールドカップの切符を手にした。前回大会の2019年ワールドカップでは準決勝に進出し、過去最高の成績を収めている。
    世界ランキング3位(2022年11月18日更新時点)

  • カナダは2022年11月、ホームで迎えた予選でベネズエラを破り、1970年から2002年まで9大会連続出場した以来のワールドカップ出場を確定。ワールドカップへの出場は15回目となる。過去最高成績は6位。
    世界ランキング15位(2022年11月18日更新時点)

  •  2019年に開催された前回大会の開催国である中国は、2022年11月のWindowsで2試合とも勝利し、10回目のワールドカップ出場権を獲得。直近6大会では5回となる出場を果たしている。1994年ワールドカップでは8位の好成績を収めている。
    世界ランキングは27位(2022年11月18日更新時点)

  •  コートジボワールは2022年8月の予選で、アフリカ勢として最初に予選を突破し、5度目のワールドカップ出場権獲得。直近4大会では3回目の出場、2大会連側での出場は過去最高位である13位を記録した1986年/1990年に続き2度目。
    世界ランキング43位(2022年11月18日更新時点)

  •  フィンランドは、2014年に初めてワールドカップに進出し22位、2019年は出場権を逃すも、今回は2022年8月のヨーロッパ予選で出場権を獲得した最初のチームとして本大会へ返り咲いた。
    世界ランキング24位(2022年11月18日更新時点)

  •  フランスは2022年11月のWindowでワールドカップ出場権を獲得し、5大会連続での出場。直近2大会では3位とこれまでの最高成績を残している。通算9回目の出場の今大会で再び表彰台を狙う。
    世界ランキング5位(2022年11月18日更新時点)

  • FIBAユーロバスケット2022で3位のドイツは、2022年11月のWindowでワールドカップ出場の切符を掴んだ。2014年に出場を逃すも、直近6大会中では5回目となるワールドカップ出場となる。これまで、2002年大会に3位となるも、前回2019年は過去最悪の18位に終わっている。
    世界ランキング11位(2022年11月18日更新時点)

  • ギリシャは2022年11月のWindowで本戦の枠を確保した。5大会連続、通算9回目のワールドカップ出場となる。1994年と1998年に4位入賞を果たすも、2006年の日本大会で準優勝して以来、直近3大会は準々決勝に進出できていない。
    世界ランキング9位(2022年11月18日更新時点)。

  • イタリアは1986年/1990年以来となる2大会連続出場を、2022年11月のWindowsで決めた。1970年と1978年に4位となったイタリア代表にとっては、10回目のワールドカップ出場となる。
    世界ランキング10位(2022年11月18日更新時点)

  • 現時点では2023年にワールドカップデビューを果たす唯一の国であるラトビア。2022年9月に開催されたFIBAユーロバスケットへの出場を1999年以来初めて逃すも、11月はに歴史的なワールドカップ初出場権獲得を成し遂げた。
    世界ランキング29位(2022年11月18日更新時点)

  • 2010年大会以来、通算4度目のワールドカップ出場を迎えるのはシダース(the Cedars)の愛称で親しまれるレバノン。2022年8月のWindowでワールドカップ出場を手にした。過去には2002年から2010年大会まで3大会連続出場を果たしており、2002年大会では16位という結果を収めた。
    世界ランキング42位(2022年11月18日更新時点)

     

  • リトアニアは2022年11月のWindowでワールドカップ出場を固めた。直近7大会では6回目、かつ5大会連続の出場権を獲得。ワールドカップの常連国となっている。過去大会では、2010年に3位、2014年に4位と好成績を収めた。
    世界ランキング8位(2022年11月18日更新時点)。

  • トールブラックス(The Tall Blacks)の愛称で知られるニュージーランドが2022年8月のWindowで6大会連続、通算7回目のワールドカップ出場を決めた。トールブラックスは、2002年に4位となって以来、準々決勝に進出できていない。
    世界ランキング26位(2022年11月18日更新時点)

  • スロベニアは4度目のワールドカップ出場。FIBAユーロバスケット2017のチャンピオンは、2022年11月のWindowで来夏へのチケットを獲得し、2019年ワールドカップ出場を逃した悔しさを晴らした。過去には、2010年と2014年にワールドカップ準々決勝に進出している。
    世界ランキング7位(2022年11月18日更新時点)。

  • 13回目、11大会連続でワールドカップ出場権を獲得した前回王者スペインが、2022年11月のWindowで本大会への出場権を確保した。2022年、アメリカを抜いて世界ランクナンバーワンのチームとなったスペインは、過去6回で準々決勝に進出しており、2006年と2019年大会で優勝。2023年はワールドカップ王者の栄冠を守るために戻ってくる。
    世界ランキング1位(2022年11月18日更新時点)。