×
2023年8月25日
9月10日
24/08/2023
Preview
読む

グループAプレビュー:イタリアは首位通過が有力だが、2次ラウンドに進むもう一つのチームは?

マニラ(フィリピン)-FIBAバスケットボールワールドカップ2023のグループAには、開催国のひとつであるフィリピンや、過渡期にあるアフリカの国アンゴラ、大本命のイタリアや、大物を脅かす可能性のあるドミニカ共和国といった、実に興味深い顔ぶれが揃う。

2次ラウンドに進出するのは2チームだけで、グループAの注目は、どのチームがイタリアと一緒に次のステージに進出するかということになりそうだ。

最有力 - イタリア

ニコロ・メッリとルイージ・ダトメ

イタリアは、ベテランと若い才能ある選手の強力な組み合わせで、グループAのトップ候補としてワールドカップに臨む。ルイージ・ダトメ、ニコロ・メッリ、アキッレ・ポロナーラ、ジャンパオロ・リッチ、ステファノ・トヌートは長年一緒にプレーしており、そこにシモーネ・フォンテッキオとマルコ・スピッスも主力選手として加わった。

一方で、ガブリエレ・プロシーダとマテオ・スパニョーロは将来の代表チームの中心的存在になりそうだ。チームは、エネルギッシュなジャンマルコ・ポゼッコHCに後押しされ、タフなディフェンスも見せている。ベテランのリーダーシップが、イタリア代表を屈指のチームにするだろう。

大会前の強化試合ではセルビア、ギリシャ、ブラジルといった強豪を相手にここまで6戦6勝と、間違いなく絶好調だ。

アンダードッグ - アンゴラ

チルダ・ドゥンダオ

アンゴラはワールドカップの常連国となって久しいが、これまで1次リーグを突破するのに苦労してきた。強豪イタリア、手強いドミニカ共和国はもちろんのこと、大観衆の声援を受ける開催国フィリピンもいる。

もうひとつの大きな要素は、過去のワールドカップやオリンピックでプレーした多くのベテラン選手を失ったことだ。前回のワールドカップでアンゴラ代表としてプレーした33歳以上の選手5人は、キャリアを合わせて77試合に出場していた。その経験をどのように置き換えるのだろうか?

また、チルダ・ドゥンダオは身長167cm、ジェルソン・ドミンゴスは178cmだ。彼らのスピードとスキルは、このハンデを相殺するのに十分だろうか?

注目の一戦 - ドミニカ共和国 vs フィリピン

開幕戦でファンは、ホスト国フィリピンを大いに盛り上げようとするだろう。

開催国フィリピンのチームにはさまざまな疑問点があるが、トーナメントを勝ち進むための時間はあまりない。というのも、ワールドカップ初日にドミニカ共和国と対戦するフィリピンにとって、開幕戦はまさに必勝の一戦だからだ。巨大なフィリピンアリーナでの観客の応援が、この注目の試合を決める重要な要素となるかもしれない。

イタリアがトップ候補ということは、ドミニカ、フィリピン、アンゴラがグループ2位を争うことになる。そして、この開幕戦に勝利したものが有利になることは間違いない。

疑問 - カール アンソニー・タウンズはドミニカ代表にどんな影響を与えるのか?

カール アンソニー・タウンズ

ドミニカ共和国は過去10年間、トップスター不在でプレーしてきたが、カール・アンソニー・タウンズがついにカリブ海の国に復帰した。彼の存在は、ヘッドコーチのネスター・"チェ"・ガルシアにとって真の武器となっている。ワールドカップで彼より攻撃的な選手が何人いるだろうか?

ドミニカ共和国代表は、FIBAバスケットボールワールドカップ2023アメリカ大陸予選で2019年ワールドカップ準優勝のアルゼンチンを2度破っている。そこにタウンズのような才能が加われば、チームはさらに強くなるに違いない。

世論調査

 

もっと知りたい?

チームプロフィールのチェックもお忘れなく:イタリアドミニカ共和国フィリピンアンゴラ

FIBA