×
2023年8月25日
9月10日
21/07/2023
News
読む

ドイツ、スター揃いのワールドカップ候補メンバー18人を発表

ハーゲン(ドイツ)-ドイツは、FIBAバスケットボールワールドカップ2023に向けたスター揃いの予備登録メンバー18人を発表した。

昨年ベルリンで開催され、ドイツが3位入賞を果たしたFIBAユーロバスケット出場メンバー12人全員と、6人の有能で経験豊富な選手が選出された。このリストには5人のNBA選手が名を連ねている。

昨夏に活躍を見せた選手としては、デニス・シュルーダー(平均22.1得点)、フランツ・ワグナー(平均15.2得点)、アンドレアス・オブスト(平均11.6得点)、そしてフロントコートのスター選手であるダニエル・タイス、ヨハネス・フォウクトマン、ヨハネス・ティーマンが挙げられる。

今シーズンをロサンゼルス・レイカーズで過ごしたシュルーダーは、ユーロバスケットでキャプテンを務め、センセーショナルな活躍を見せ、最終的にオールスター・ファイブの座を獲得した。


ドイツ代表のゴードン・ハーバートヘッドコーチは、タフな選択を迫られる。というのも、ユーロバスケットの出場がなかった6人というのは、東京オリンピックに出場したアイザック・ボンガとモリッツ・ワグナー、そしてマキシ・クレバー、オスカル・ダ・シルバ、レオン・クラッツァー、デビッド・クレイマーだからだ。

マキシ・クレバー(ダラス)とモリッツ・ワグナー(オーランド)はNBAでプレーしており、アイザック・ボンガ(バイエルン・ミュンヘン)も過去にNBAでのプレー経験がある。

レオン・クラッツァーは、テレコム・バスケッツ・ボンが優勝を掴んだチャンピオンズリーグで大活躍を見せ、今シーズンのドイツリーグでもファイナルに進出。ダ・シルバはバルセロナに所属し、スペインのプレーオフを戦っている。

クラマーはヨーロッパ予選で、ドイツチームのベストプレーヤーの一人だった。

ハーバートHCは次のようにコメントしている。「トレーニングキャンプには、優秀なメンバーが集まっている。全員が素晴らしい献身を見せており、一人一人が国を代表して世界の舞台でプレーしたいと思っている。ドイツ代表としてプレーすることは、彼らにとって名誉なことなんだ。大会まで、本当に楽しみだよ。ワールドカップではメダル獲得を目指している。」

ドイツは優秀なメンバーを揃えているが、ワールドカップのファーストラウンドを勝ち抜くのは至難の業だ。

ドイツは、オーストラリア、フィンランド、日本と同じグループEという、最も厳しいと言われているグループに入っている。試合は日本の沖縄で行われる。

ワールドカップは8月25日より沖縄、ジャカルタ、マニラで開幕し、ファイナルラウンドはマニラで開催される。

FIBA